【ミニマリスト靴おすすめ8選!】スニーカーからスリッポン、革靴まで厳選して紹介。【メンズ】

靴は少数精鋭で。必要最低限の持ち物で暮らすミニマリストは、靴も最小限にしたいと考えるでしょう。

しかし、靴選びは時間がかかるし、ミニマリスト向けにおすすめされている靴も大体同じものばかりでなかなか良い1足に出会えない方も少なくはないと思います。

そこでこの記事では「履き心地はもちろん、機能性や汎用性の高い靴があれば、、、。」「よくおすすめされるコンバースやスタンスミス以外に良い靴を知りたい」というミニマリストのあなたに向けて、おすすめの靴を7つ紹介します。

スニーカー、スリッポン、革靴のそれぞれおすすめの靴を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

目次

ミニマリストにおすすめの靴7選【メンズ】

おすすめの靴9選
  • Danner WRAPTOP LIGHT
  • New Balance CM996
  • Allbirds
  • HOKAONEONE
  • MERRELL JUNGLE MOC
  • VANS SHOKUNIN”SLIP ON
  • Paraboot
  • KLEMAN

Danner WRAPTOP LIGHT

Dannerの信念は「実際にダナーの靴を履く人が、不便を感じずに、使いやすく耐久性に富んだ靴を作る」。”可能な範囲の中で最も優れた靴を作る”というポリシーを基に1932年に創業されたブランドで、最高の品質の靴を作り続けています。

中でもWRAPTOPは人気モデルで、軽量かつ高い防水性を持っており着脱もしやすくなっています。

しだみ。

CONVERSEに飽きた人におすすめのスニーカー。

New Balance CM996

1906年に米国マサチューセッツ州ボストンで誕生したブランド、New Balance。機能性の高さに加えてデザイン性も高いことから、今ではカジュアルシューズとして世界的に人気を誇っています。

New Balanceの996は1988年の登場以来、揺るぎない履き心地の良さから老若男女問わず長く愛されている900番台の最高峰とも言える1足。

しだみ。

カジュアルスニーカーを選ぶならNew Balanceの996一択ですね。

Allbirds

「世界一快適なシューズ」と米タイムズ誌で絶賛された、Allbirdsのスニーカー。ニュージーランドの最高級メリノウールを使用することで、究極の履き心地を実現。

洗濯機で丸洗いできる仕様となっているため、汚れても問題ありません。

しだみ。

ミニマリストにとって洗える靴は非常にうれしいですね。

HOKAONEONE

2009年にフランスのアネシーで設立されたブランド、HOKAONEONE。すべてのランナーのパフォーマンスを向上させるため「どうすればもっと速くなれるのだろうか?」という自問自答をし続け、今では多くの人に支持されています。

ミッドソールはバケットシート型となっており、踏み込んだ時に高い安定性が保たれるなど速さだけでなく、履き心地も抜群

しだみ。

普段、散歩やランニングをする人にはおすすめの1足です。

MERRELL JUNGLE MOC

1998年の発売以来、その履き心地の良さから世界中のユーザーが魅了され、累計販売足数1700万足を誇るジャングルモック。

アッパーは撥水加工を施したピッグスエードレザーを、アーチサポートのナイロンシャンクや衝撃を吸収するメレル独自のクッション、軽量でクッション性の高いEVAミッドソールを使用している、メレル定番の1足。

しだみ。

アウトドア好きや雪が冬地域に住んでいる方におすすめのスニーカーです。

VANS SHOKUNIN SLIP ON

アーティスト、床屋、シェフなど新しく何かを生み出す職人のためのシューズがコンセプト。

インソールにはクッション性が高く疲れにくいカップインソールを、アウトソールには滑りにくいリバースワッフルソールを、アッパーには強い撥水性と防汚性を兼ね備えた新素材を起用している。

しだみ。

スリッポンが欲しいならこれを買っておけば間違いないです。

Paraboot

Parabootは1927年に設立されたフランスの代表的なシューズメーカー。Parabootの多くのモデルは登山靴にルーツを持つため、頑丈かつ足への普段が少なく疲れにくいのが特徴。

中でもこちらのシャンボードはノルヴェイジャン・ウェルト製法という150もの工程で作られており、高い耐久性と防水性を兼ね備えています。

しだみ。

ビジネスでも普段使いもできる良い革靴が欲しいという人におすすめ。

KLEMAN

フランスのCLEON社によって設立された、ミリタリースペックをクリアしたワークブランド、KLEMAN。

1998年のブランド設立以降、フランスで主にサービスシューズを展開しており、軍や消防署、市役所、公共施設に提供してきました。また、こちらのUチップレザーシューズはきれいめ、カジュアルのどちらのシーンでも使える万能な革靴となっています。

しだみ。

2万円以下でしっかりとした革靴が欲しいという人にはピッタリかも。

ミニマリストの靴の選び方【メンズ】

靴の選び方
  • 機能性を重視して選ぶ
  • 汚れの目立たない色を選ぶ
  • 履きまわしがしやすさで選ぶ
  • 自分のファッションスタイルに合わせて選ぶ

機能性を重視して選ぶ

ミニマリストが靴選びで大切なのは機能性を重視すること。

クッション性や耐久性、撥水性などそれぞれの機能が備わっている靴を選べば、少ない靴でも問題ありません。例えば、雨の日に撥水性、防水性のない靴を履いていると濡れてしまい乾くのに時間がかかってしまうため予備の靴が必要になります。

しだみ。

自分のライフスタイルに合った機能が備わっている靴選びをすればOK。

汚れの目立たない色を選ぶ

汚れの目立たない黒の靴を選ぶのがおすすめ。靴は履いているとどうしても汚れてしまいます。そんな時に白い靴を履いて言えると汚れが目立ってしまい洗わなければいけなくなります。

でも、黒を選べばある程度の汚れは目立たないので気にせず履くことができます。また、黒はどんなファッションにも合わせやすいのでそれも含めておすすめです。

しだみ。

メインの靴は黒を選び、どうしても色物が欲しい場合は2足目以降にすると良いでしょう。

履きまわしのしやすさで選ぶ

いろんなシーンで使える汎用性の高い靴を選ぶことで1足であらゆるシーンに対応でき、余計に靴を持つ必要がなくなります。

例えば革靴を選ぶならビジネスシーンでしか使えないものを選ぶのではなく、カジュアルシーンでも使える革靴を選ぶとか。(この記事で紹介した革靴のように)

しだみ。

1足でどこまでの汎用性があるのかが靴選びのカギとなってきます。

自分のファッションスタイルに合わせて選ぶ

ミニマリストはシンプルな服装をすることが多いので、それに合わせてシンプルなスニーカーを選ぶのも良いし、あえてカジュアルなスニーカーを選ぶのも良いでしょう。

自分がどんなファッションをしたいのかを明確にして、それに合わせて靴を選ぶことで満足のいく1足に出会えると思います。

しだみ。

靴は服に比べて1つの単価が高くなかなか買い替えがきかないので、そのこと考慮して靴を選びましょう。

まとめ:【ミニマリスト靴おすすめ8選!】スニーカーからスリッポン、革靴まで厳選して紹介。【メンズ】

今回はミニマリストにおすすめの靴を7つ紹介しました。

ミニマリストは普通の人より靴が少ない分、それだけ靴に求める条件やハードルが高い傾向にあると思います。今回はそんな人でも「これほしい!」と思える靴を、ミニマリストの私が厳選して記事にまとめました。

あなたにとってお気に入りの1足が見つかればうれしいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる